ここは大人のおもちゃ箱

トタン張りの大きな倉庫を改装した店内は、無骨な外観からは想像しがたいお洒落な雰囲気。雑貨も販売しているようだが、まずは名物の「チキンケバブランチ」をオーダーする。「ケバブは、東京の秋葉原の名物にもなっている『スターケバブ』という有名店から直接仕入れています。僕がそのおいしさに惚れ込んで!」と、この店のオーナーである礒田直樹さん。その熱のこもった説明は、聞いているだけでおいしさが伝わる。

 

 

待つこと数分、運ばれてきたのは、はちきれそうなくらい具が詰め込まれたボリュームのあるピタパンサンド。ポケットのようなピタパンに、山盛りの千切りキャベツと、食べやすくカットされたチキンケバブがたっぷりと入っている。大きな口を開けて頬張ると、ほんのりスパイシーな味。じっくり焼かれたチキンの旨味が濃厚だ。ケバブは、ピタパンサンドだけでなく、プレートセットも人気らしい。小鉢とスープ、ドリンクとデザートが付いた大満足の内容。お腹を空かせた学生のために、お得な「学生応援セット」も用意されている。背もたれの高いソファは、カフェらしいお洒落感もありながら、小さな子どものいる家族連れも利用しやすく、とても居心地がいい。「Chillinというのは、英語のスラングでくつろぐとかリラックスするという意味なんです」という言葉通り、子ども連れでくつろぎに来るママたちも多いという。

 

 

雑貨コーナーには、別府在住の作家による手作りのヘアアクセサリー、ピアスやネックレスを始めとする小物類や書籍など、トレンドも意識しながら、礒田さんの感性でセレクトしたさまざまな雑貨が並ぶ。

 

 

テイクアウトも人気で、朝早くから焼きあげるパンは、カフェ利用のついでにお土産に買う人も多いけれど、わざわざパンだけを買いに来る人もいるという。特におすすめなのが、大きめのクロワッサン。フランス産AOPバターをふんだんに使用した、リッチな味わいだ。”ソーシャル豆腐屋”をうたう中津市の「まさしの豆腐」を販売する日もあり、それを心待ちにしているお客さんもいるという。そのほかにも、ピラティス教室を開いたり、バックヤードには調理台を完備したバーベキュースペースがあり、イベントスペースとしての貸出も可能。いく通りもの使い方ができて、この店はまるで大人のおもちゃ箱みたいだ。

 

 

旬な情報をつかんだり、人と人を繋いだりするのがとても上手な礒田さんのこの店は、これからもどんどん楽しくなりそう。「僕は東京出身ですが、子どもが生まれてから大分県にやって来ました。この場所でお店を始めることになり、今に至るまで、いろんな人脈のおかげでやって来ることができました。だから、うちを中心に、いろんな人が集まり繋がればいいなあと思うんです」。

Chillin

チリン

住所別府市中須賀東町8-3
営業時間11:00−15:00/17:00-21:00、土・日・祝日11:30-18:00
休日月曜
電話番号0977-84-7599
駐車場10台
オススメ
商品
チキンケバブランチ 1000円