おひとりさまでも行きやすい別府のいいとこめぐり

introduction


涼しくなってきましたね。
まちめぐりにぴったりの秋晴れの日には、いつもと違う道を歩きたくなります。
時の流れが穏やかな別府、まちの人たちはどこにいるのだろう。今まで入ったことのなかった店も、ドアを開けて「こんにちは」と挨拶すれば、あたたかく迎えてくれる。そんな1人でも訪れやすいおすすめの散策ルートをご紹介します。

別府駅から少し歩いたところにある、雑貨と古道具の店『SPICA』。
オーナーのご夫婦がセレクトした、毎日の生活にスパイスを与えてくれる素敵な雑貨や衣類などが並んでいます。こだわりの商品のなかから、時間を気にせずじっくりお気に入りを探してみてください。

次に向かうのは『竹工芸 山正』。ここは良質な国産の竹細工を多く取り扱っているので、地元の人も訪れます。おすすめはお店のお母さんとのおしゃべり。探してるもののイメージを伝えたり、気になる商品のことを聞いてみてください。商品の特色や昔ながらの使い方など、いろんなことを教えてくれます。知識豊富で気さくなお母さんと話し込むのも楽しい時間。

そろそろお腹がすいてきたら、ランチ営業もしている「居酒屋 より道」へ。お兄さんの優しい笑顔に迎えられてカウンターに座ると、トントン、パチパチと音を立てて調理が始まります。お昼のメニューは500円の日替わり定食だけなので、注文をしなくても料理が運ばれてきます。優しい味の小鉢がたくさんついたボリュームのある定食は、地元の人にも人気です。

思いがけない出会いがある、自由気ままな1人歩き。気になるあの場所に寄り道してみてはいかがですか?


ごちそうさま、また明日

「ごちそうさま。また明日」これは、すれ違いで出て行った女性の挨拶。「金曜日の挨拶は、『また月曜』なんですよ」とお兄さん。ここは「居酒屋 より道」。親子で営まれている居酒屋は、小鉢がたくさんの日替わり定食を500円で出してくれる。「少し距離があるけれど、駅の辺りから毎日通ってくるお客さんも多いんですよ」

 

 

鶏肉を揚げる音、食器を並べる音、グラスにお茶を注ぐ音、小さなお店に響く音を聞いているだけでお腹が空いてくる。ちょうどお昼どき、カウンターに座る常連さんたちは、お母さんと談笑しながら食事を楽しんでいた。奥にある座敷は、家族が集まる居間みたいな空間。「そこの座敷に置いてあるテーブルは、うちの庭にあったイチョウの木から作ったんですよ。このカウンターもそう」。家にお邪魔しているような気分になるのは、そのせいかもしれない。

今日のメニューはチキン南蛮に小鉢が7品、そして味噌汁。豆腐に醤油をかけようとしたら、容器が2つあった。1つは普通の醤油で、もう1つは別府生まれの「カトレア醤油」。せっかくなので、カトレア醤油をかけてみた。普通の醤油よりも甘みが強く、後を引く美味しさだった。

 

 

「お箸、新しいの買っておいたよ」と、お母さんが常連さんに声を掛ける。毎日来る人が多いから、常連さんは専用のお箸を置いているらしい。たくさんのお箸がコップに立てられていた。みんなに愛される、毎日食べたい、お袋の味。明日も「より道」したくなる。

居酒屋 より道

イザカヤ ヨリミチ

住所別府市秋葉町6-31
営業時間11:30〜13:00(無くなり次第終了)/18:00〜22:30
休日木曜 ※日曜・祝日は夜のみ営業
電話番号0977-22-5048
駐車場2台
オススメ
商品
日替わりランチ 500円